温泉

温泉に入るときは、マナーを守って楽しみましょう。

更新日:

銭湯に入る人たちのイラスト(女性)

はじめに

私は、温泉や銭湯が大好きで、よく利用します。

その理由は、自宅の狭いお風呂では味わえない開放感と、露天風呂などいろんな種類のお風呂に入れることです。

しかし、自分一人で入るわけではないので、マナーは守りたいです。

基本人に迷惑をかけてはいけません。今回基本的なマナーをご紹介したいです。

入浴前

シャワーを使うときは、隣や後ろの人にお湯がかからないように注意しましょう。

隣と仕切りがある場合は良いのですが、仕切りがないお風呂では、特に気を使います。

顔を洗っている時など、知らないうちに後ろの人にシャワーのお湯が当たっている場合があります。

シャワーの湯量は調節できないところが多く、結構勢いよく出てきます。

自分の知らないうちに、他の人に迷惑をかけている場合があるので注意してください。

シャンプー・洗面器・椅子など使ったものはもとに戻しましょう。

大抵の大浴場には、洗面器・椅子は各シャワーのそばに用意されています。

他へ持っていってしまうと、次使う人が困ります。特に混雑している時です。

予備が、用意されている場合は良いのですが、ない場合もあるので使用したら、必ず元の場所へと戻しましょう。

シャンプーが備え付けられている場合も同様に注意しましょう。

小さなお子様を遊ばせないようにしましょう。

お風呂場の床は、シャンプーなどで、滑りやすくなっています。

小さな子供が走ったりすると、大変危ないです。

人とぶつかる場合もあるので、保護者の人はお子様から目を離さないように気を付けてください。

たらいのイラスト(木製)

入浴中

入浴前に、かけ湯をしたり体を洗いましょう。

大浴場の浴槽は、大勢の方が利用しますので、必ず体は洗ってほしいです。

いきなり、入られると、とても嫌な思いになります。

他の人の、気持ちを考えましょう。

湯船にタオルをつけないようにしましょう。

テレビでは、タオルを巻いて入っているのを見かけると思いますが、本当はあまり良くありません。

タオルに、石鹸などがついている場合もあり、浴槽を汚してしまうので、お風呂の淵に置いておくなりして下さい。

タオルを浴槽に着ける人は本当に多いです。自分の家ならいいのですが、大浴場ではほかの人の迷惑になります。

湯船を独り占めしないようにしましょう!

スーパー銭湯などでは、いろんな種類のお風呂があります。

一つのお風呂を、長時間独占するのはやめましょう。

お風呂にゆっくり浸かっていたい気持ちはわかりますが、他の人もお風呂が目的で来ていると思うので、譲り合いが大切です。

湯船に飛び込んだり、泳いだりしてはいけません。

飛び込むと、水しぶきが他の人にかかります。思ったより浅くて怪我をする場合もあります。

特にお子様には、注意してください。

お風呂で、歩いている人もたまに見かけますが、自分はあまりよくないと思います。

私は、湯船にはゆっくり浸かっていたいです。

サウナ

サウナは、体を拭いてから入りましょう

サウナの中は、サウナマットが敷いてありますが、すぐにべたべたになってしまいます。

それに、水分をふき取ってサウナに入ったほうが、効果があがります。

サウナの中では静かにしましょう。

サウナの中は、密室になっています。

騒いでいると、大変迷惑に感じます。

静かに汗を流しましょう。

脱衣所

脱衣所に戻るときはタオルで体を拭きましょう。

べたべたのまま、脱衣所に入ってしまうと床や椅子が濡れてしまいます。

床はすぐに乾くような仕組みにはなっていると思いますが、着替えた後の浴衣などが濡れてしまうこともあるので、注意しましょう。

風除室で水分を取ってから、脱衣所に入るようにしましょう。

まとめ

  • お風呂場の備品などは元に戻しましょう。
  • 湯船にタオルをつけてはいけません。
  • 脱衣所に上がる前には、体をふいてから。

いかがでしたでしょうか、自分でも知らないうちに他の人に迷惑をかけている場合があります。

マナーを守って、気持ちよくお風呂を楽しみましょう。

 

-温泉

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.